英会話ロードマップ

話すだけが英語のスピーキングじゃない!社会人の正しい勉強方法とアウトプットを徹底解説!

いよいよ英語学習の最終段階である「スピーキング」に入っていきます。

「英語を話せるようになる」というのがこの章の目的であり、当サイトのゴールでもあります。

最終段階と言ったのには理由があります。

それは、スピーキングの学習から始めることは不可能だからです。

それを知らずに英語が話せるようにならないと言っている方が多すぎます。

なぜ英語が話せるようにならないのか?

その答えは、インプットが足りていないからです。

え!?逆じゃないの!?

と思う方が多いかもしれませんが、その間違った認識こそが話せない理由なのです。

ここからは、その具体的な理由と解決方法について具体的に解説していきます。


なぜ英語が話せないのか?

さて、本題に入っていきますが、当記事を見ている皆さんは

英語が話せない

そんな方がほとんどだと思います。

スピーキングが上手くできない人の特徴として

  • インプットしていない
  • インプットに偏っている
  • 言葉が出てこない
  • 英語を話すのが恥ずかしい

これらが挙げられます。

当サイトのロードマップに沿って学習を進めてきた方であれば単語や分法を「音で覚える」作業をしてきていますし、毎日の「英語日記」で英語での表現に慣れているはずなので、やることが明確になりますが、

本記事を始めてご覧になった皆様は、上記したような悩みを抱えている方が多いと思います。

ではこれらをどう克服していくのか?

その鍵は、インプットとアウトプットに対する正しい認識を持つことにあります。

インプットしていない

日本人が英語を話せるようになるスピードが他の国の英語学習者に比べて遅いのは、圧倒的にインプットが足りていないからです。

これは皆さんがよく聞く、「アウトプットが足りていない」とは全く逆の言葉ですが事実なのです。

というのも、日本人の性格として「真面目」「人見知り」「内向的」という人が多いことに起因します。

どの性格も日本人らしく、悪い性格ではないのですが、アウトプット主体の学習には合わない性格なのです。

諸外国の人々は日本人に比べ外交的で、間違いを恐れず積極的にコミュニケーションをとれる一方、

日本人は真面目であるがゆえに間違いを恐れ、人見知り・内向的であるため積極的なコミュニケーションをとれる人が多くありません。

あなたはどうでしょう?

これは日本人の気質上どうしようもないです。

そう割り切るしかないのです。

ですが、大事なのはその割り切った後です。

ならばどうするかということですが、日本人の性格に合った真面目な学習方法、つまり、基礎から着実に学んでいくという方法をとることが、日本人の英語学習にとっての最短ルートと言えるのではないでしょうか?

そういった意味で、中途半端なインプットしかしていないのに慌ててアウトプットしなきゃ!とアウトプットに走るのではなく、確実にインプットしていく方がメリットが大きいのです。

確実なインプットは正しいアウトプットに繋がり、正しい英語を身に着けることに繋がります。

インプットに偏っている

とは言うものの、アウトプットが重要であることに変わりはありません。

インプットだけひたすらしていても、英語を話せるようになるという目標を達成することができないからです。

まずは最低限の単語、文法をしっかり固めた上で

リーディングと同時並行でライティングリスニングライティング

の順を追ってそれぞれの段階に合わせたアウトプットをしていきます。

やってみると分かるのですが、アウトプットをすることで、英語を話せるようになるという目標に近づくことができる他、自分にはどのインプットが足りていないのかに気づくことができます。

そこの部分が自分の弱点なので、重点的にインプットしていくことで弱点の克服に繋がり、効率的に英語力を高めていくことができるのです。

言葉が出てこない

先ほどもお話ししましたが、基礎をどれだけ固めても、いざ話そうとすると言葉は全く出てこないはずです。

逆に普通に自分の思ったことを英語で話せているとしたらその人は紛れもなく天才です。

そんな一握りの天才はほっておいて、私達一般庶民はそのような言葉が出てこない問題を解決する必要があります。

ライティングの勉強法についての記事でも詳しく説明しているのですが、

日常英会話にフォーカスすれば、使われている単語や文法は中学レベルで事足ります。

ですがなぜ高校性になっても、社会人になっても英語を話すことができないのか?

その理由は、自分の持っている知識を発信する能力がないからなのです。

これが英語を話せない1番の原因となります。

解決方法として当ブログでは「毎日の英語日記」を推奨しているので是非参考にしていただき、アウトプット力を高め、本記事の目標であるスピーキングの上達スピードを加速させてください。

ライティング力=話す力!毎日の英語日記で英語で表現する習慣づけ! ライティングの学習は英語を話せるようになるための近道です。 単語や文法などの基礎を固め終わったら、リーディング学習と同時...

英語を話すのが恥ずかしい

最初は誰でも英語を話すことが恥ずかしいと感じます。

ただの言葉なのになぜでしょうね?

自分の発音が下手だから?

上手く話せないから?

その答えは人それぞれだと思いますが、その理由の一つに、話す相手が日本人だからという事はないでしょうか?

例え日本語と英語のバイリンガルでも、日本人に「英語でしゃべってみて!」と言われて英語で話すのは少し抵抗があり恥ずかしいです。

その上、日本人の性格上その恥ずかしさは大きなものであり、足かせとなりかねません。

ではどのように克服すればよいのか?

それは簡単で、日本人ではなくネイティブスピーカーと話せばいいのです。

相手はその言葉で生活しているわけですから、そんな人相手に日本語で話す方が恥ずかしいという状況を作り出すのです。

いたってシンプルですが、「するしかない状況」というのは良くも悪くも人を大きく成長させてくれます。

今回のような状況であれば、必ず良い方向へ連れて行ってくれます。


スピーキング力を上げる練習方法

ここまではなぜ英語を話せないのか?

その理由について詳しく解説してきました。

自分が英語を話せていない理由が見つかりましたでしょうか?

英語を話せるようになるために重要なことは

確実なインプットとアウトプットへの慣れのバランスです。

ここからはインプットとアウトプットについてより深く掘り下げ、効率よくスピーキング力を上げることができる学習方法について解説していきます。

まずは確実にインプット

そもそもですが、インプットしていない方は論外です。

単語の意味すら知らないのに英語を聞くこと、ましてや話すことなんて絶対にできません。

先ほども話しましたが、日本人はインプットに偏りすぎていると耳にしますが、私はむしろ足りないとすら思っています。

皆さん、「やったつもり」なのです。

やったつもりインプットをいくらやっても、意味がないとまでは言いませんが、非常に効率が悪いです。

適切で、効率の良い勉強はしっかりとした型があります

というのも、英語を話せるようになるためには、話せるようになるためのインプットをしていく必要があるからです。

この意味が分かりますか?

インプットのためのインプットとは、単語帳や文法書を1から10までひたすら丸暗記といったものです。

これでも上達するのでしょうが、その単語や文法は自分に必要な単語や文法ですか?

恐らく、というよりは絶対に使わない単語や文法までも覚えているはずです。

これでは必要のない学習に莫大な時間を取られてしまい、非常に効率が悪いです。

しかも、確実に覚えているのであればまだしも、曖昧な暗記、つまり、やったつもりインプットだとしたら本当に無駄です。

ではどうしたら効率良く確実なインプットができるのか?

それは、自分が話すときによく使いそうな単語や文法を優先的に、「考えなくても使える」レベルまで身に着けることで達成できます。

暗記するというよりは、身に着けるという感覚です。

そうして身に着けた確実なインプットは、必ず活きたアウトプットに繋がります。

具体的な勉強方法についてここで解説すると長くなってしまうのでそれぞれの学習方法の記事を参照してもらう形になりますが、ここまでを読んで、自分にはインプットが足りていないと感じた人は必ず立ち戻り、話すための基礎を身に着けて帰ってきてください。

社会人のメリットを存分に活かした英単語学習の全て~おススメの単語帳も添えて~ 社会人になっても英単語の勉強は必要なのか? そんな問いに対する答えは明確で、 絶対に必要 で...
英語学習では文法を学んでほしい!忙しい社会人なりの勉強法と参考書を紹介! 英語学習の最大の難関ともいえる英文法。 中学や高校の英語の授業で英語を挫折してしまったのはこの「英文法」のせいではないでしょうか...

あとはひたすらアウトプット

確実な土台ができたら次はアウトプットです。

ライティング学習における英語日記や、リーディング・リスニング学習において行っているリピーティングやシャドーイングも立派なアウトプットなのですが、やはり対人での英会話は必須です。

英語を話す機会が少なければスピーキング力がつかないというのは紛れもない事実なのですが、逆に言うと、あとはネイティブと話しまくるだけとも言えます。

ネイティブと話すという工程において

  • インプットをアウトプットへ変換する能力が身につく
  • 自分に足りていないインプットに気づくことができる
  • 英語でコミュニケーションが取れているという自信が得られる

という成果を得ることができます。

着実に基礎を固めて、早速ネイティブスピーカーと話していきましょう。

とはいうものの、留学でもしていない限り外人の友達がいる人なんて稀ですし、日本人の友達に英語で話しかけるのではあまり意味がありません。

そのため私たちは、自分から意図的に英語を話す機会をつくり出していく必要があるのです。

ここで私たちはこの時代に生まれてきたことに感謝しなくてはなりません。

英語を話す機会をつくり出す際に真っ先に思いつくのが「英会話教室」だと思いますが

「教室へ通うのが面倒」だったり「費用が高すぎる」という問題があります。

こんな問題を解決した最強のツールが現代にはあります。

それがオンライン英会話です。

耳にしたことがない人の方が少ないと思いますが、オンライン英会話の本当の価値について皆さん理解していますか?

断言できますが、皆さんが思っている以上に価値のあるツールです。

ここからはその理由について皆さんが納得できるまでとことん説明していきます。


オンライン英会話とは

オンライン英会話とは、パソコン回線を利用して、世界中の英語講師とオンライン環境で繋ぎ、安価で良質な英会話レッスンを受ける事を可能にしたものです。

生徒と講師は、Skype(スカイプ)などの無料オンライン通話ツールを使用する事により、マンツーマンレッスンを受ける事ができます。

音声だけでなくビデオ通話を使用する事により、リアルタイムでの講師の表情や口元を見ながら英会話レッスンを受ける事も可能です。

つまり

自宅に居ながらして実際の英会話スクールに通っているのと同じ環境を整える事ができる最強ツールなのです。


オンライン英会話のメリット

最強と言われても何が最強なのか伝えていませんでした。

オンライン英会話が私たちにもたらしてくれるメリットは以下の4つです。

  • 学びたいことを学びたいときに学べる
  • 講師は日本人がつまづきやすいポイントを熟知している
  • 圧倒的に費用がかからない
  • 好きな時に気兼ねなく辞められる

これらのメリットは従来の英会話教室のデメリットを全て克服したとも言えるほど私たちにとっては大きな恩恵です。

それぞれについて詳しくみていきましょう。

学びたいことを学びたいときに学べる

オンライン英会話は、「時間や場所」に縛られません。

インターネットさえ使えれば、自宅は勿論、スマホがあれば好きな場所で、好きな時間にレッスンを受講ですることができます。

これってすごいことだと思いませんか?

しかも、早朝や深夜でもレッスンが可能で、朝は5時か6時から、夜は深夜1時までレッスンを受けられるところがほとんどです。

通学型のスクールだと時間や場所が決められている為に仕事と勉強の両立が大変ですし、なにより通うのが億劫になってしまいます。

レッスンの効果を感じる前にめんどくさくなってしまい、やめてしまう方がほとんどですが、このデメリットを完全になくしています。

最近ではレッスンが開始される5分~10分前までの予約も可能で、急に時間が空いた時でもレッスンを受けることもできるので、自分のライフスタイルの中にレッスンの時間を自由に組み入れることができます。

スキマ時間での単語や文法学習は以前からおススメされていましたが、現代では、スキマ時間に英会話までできてしまう恐ろしい時代なのです。

また、学習できるコンテンツも豊富で、各オンライン英会話サービスが提供している教材を使えば、自分が学びたい内容をピックアップしたうえで英会話ができます。

まさに、「学びたいことを学びたいときに学べる」最強のツールだとえます。

講師は日本人がつまづきやすいポイントを熟知している

大手の英会話教室でも、1スクールが抱えている講師の数は多くて10~20人程度です。

それに対し、オンライン英会話スクールの場合はインターネットを通してレッスンを行うことができるため、世界中に在籍しているネイティブ講師を雇うことができます。

大きなオンライン英会話スクールになると5000人以上の講師を抱えているところも有るほどです。

その講師たちは、日本人を相手に日々レッスンを開いているので、日本人がつまづきやすいポイントを感覚的もしくは、体系的に熟知しているのです。

そのため、こちらがつまづきやすいポイントについて事前に詳しく解説、もしくはつまづいたときに詳しく解説してくれるため、英語学習の最大の敵である「挫折」を経験することなく学習を進めていくことができます。

加えて、日本人のウィークポイントに重点を置いたレッスンを展開してくれるため、学習効率も非常に良いものとなり、私たちにとっては大きなメリットとなります。

圧倒的に費用がかからない

オンライン英会話の最も大きいメリットのひとつとして、

圧倒的低価格が挙げられます。

今までの主流であった通学型英会話教室へ通う場合だと大体の相場として、

1レッスン40分 → 3000円程度~8000円

程度かかってしまうことが多いです。

一方、オンライン英会話の中で一番スタンダードな受講プランが、

毎日1レッスン(25分) → 月額5000円~6000円程度となります。

つまり、

1レッスン166~200円という計算になります。

この価格についてあなたはどう思いますか?

様々なメリットを含みながらの圧倒的低価格で、安すぎて信用できないぐらいですよね?

ですが、この安さにはしっかりとした理由があります。

通学型の英会話教室では、

  • スクール管理費
  • マンツーマン指導の料金
  • 教師の賃金(勤務時間内は教室内に滞在している)

が加算し価格が高くなってしまう他、入会費がかかるところがほとんどです。

 一方、ほとんどのオンライン英会話スクールではSkype(スカイプ)などの無料オンライン通話ツールを使用する事により、

  • スクール管理費が必要ない
  • 教師も都合の良い時間にレッスンを開催する
  • 通信料(通話料金)が一切かからない

ため、驚きの低価格を実現しているのです。

加えて「英会話レッスン費用以外は一切、必要ない」と言う料金体制を確立しているところがほとんどなので、月額の受講料以外、入会金等は一切必要ありません。

月に5000円であれば外食1~2回分程度でしょうか?

もう一度お金の使い道を考えなす必要がありそうです。

好きな時に気兼ねなく辞められる

オンラインでの契約であることに加えて、オンライン英会話では専属の教師が自分についてくれるわけではありません。

毎回自分が講師を選び、レッスンをしてもらう形なので辞めたいときに引け目や申し訳なさを感じることなく、何クリックかしたら辞められます。

かけている金額も従来の英会話教室に比べると圧倒気に少ないので、その点でも気兼ねなく辞められるのではないでしょうか?

オンライン英会話サービスでは無料体験期間を設けてくれているところがほとんどですが、1か月やってみて、やっぱりやめようかな、となった場合でも迷いは少ないはずです。

意外と、この気軽に辞められるという事はメリットとして挙げられると思っています。


オンライン英会話のデメリット

オンライン英会話はメリットの塊なのですが、もちろんデメリットがないわけではありません。

しかしこのデメリットは、メリットからくるデメリットとも言えます。

そのため自分でコントロールが効くデメリットなのです。

具体的には

  • 講師の質のばらつき
  • 継続が難しい場合がある

の2つです。

この2つのデメリットがあると知っているだけで、このデメリットは避けることが可能なので、しっかりと確認し、オンライン英会話をメリットだけのツールとしてください。

講師の質のばらつき

オンライン英会話のメリットの中で「講師の数が多い」という話を少しさせてもらいましたが、これが逆にデメリットになることがあります。

世界中から多くの講師が雇われているため、クオリティが低い講師がいるのも事実です。

「話せる」と「教えられる」は別物で、私たちも日本語を話すことはできますが、日本語が分からない外国人にわかりやすく説明することができるでしょうか?

これと同じで、教えることが上手な講師もいれば、大学生のアルバイト感覚でレッスンをしている講師にあたってしまうこともあるのです。

そのため、講師の質にばらつきが出てしまうオンライン英会話サービスもあります。

ですが、それに対する対処法もしっかりあり、「講師を変えることができる」ということができます。

こうした講師にあたらないために、できる限り指導経験が豊富なベテラン講師を中心に選んでレッスンを受けることが必要なのですがポイントとして、

できるかぎり予約が埋まっている講師

を中心に選ぶようにしましょう。

そうすることで、このデメリットを回避することができます。

継続することが難しい場合がある

オンライン英会話のメリットとして「時間や場所を選ばない」というものがありますが、これは逆に言うと「強制力が働かない」という意味も含まれています。

講義を受ける側に学ぶ意識がないと、自分に甘えてレッスンをサボり、最終的に全くレッスンを受けなくなってしまうというパターンに陥ってしまう方も多くみられます。

また、「目的意識」をもって講義を受けなければ、「勉強したつもり」になってしまうことも多々あります。

オンライン英会話の受講スタイルには教材に沿って行うタイプと、雑談をするようなフリートークというタイプがあります。

初心者の方には、教材タイプを勧めるのですが、フリートークばかりをするかたもいます。

フリートークをすることは目的をもって行えば有効なレッスンとなるのですが、「自分の話せる範囲の英語しか使えない」というデメリットがあります。

目的がなければ、話すことに慣れることはできても、成長はできないということです。

なので、オンライン英会話を始める前には、自分が利用する目的を明確にして始めていく必要があります。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

英語学習の集大成であるスピーキング学習をするにはまずは確かな土台が必要であること。

学習するにはオンライン英会話が圧倒的におススメであること

少しでも伝わりましたでしょうか?

ここをクリアすることはそのまま「英語を話せるようになること」に直結します。

英語学習の最後の関門を一緒に乗り越えていきましょう!

それではまとめです。

  • スピーキングから始めることはできない
  • 日本人には「正しい」インプットが足りていない
  • アウトプットしなければ話せるようにはならない
  • アウトプットに「オンライン英会話」を使わない手はない

日本で独学で英語を身に着ける皆様にはほぼ全員が通るべき、というよりは通らなければいけない「オンライン英会話」

様々な業者からサービスが提供されていますし、様々なサイトでおススメやランキングがまとめられていたりしますが、この最後の段階で

絶対に失敗してほしくありません!!

なので、絶対に失敗しないオンライン英会話の選び方や圧倒的おススメについてなどの情報を発信していきますのでそちらも見ていただき、最短で英語を身に着けていきましょう!!

【2020年最新版】初心者におススメなオンライン英会話を5社厳選!もう迷わない! 今回は、どのオンライン英会話を選べばいいの?という疑問に終止符を打ちたいと思います。 最近ますます増えてきているオンライン英会話...