英会話ロードマップ

ライティング力=話す力!毎日の英語日記で英語で表現する習慣づけ!

ライティングの学習は英語を話せるようになるための近道です。

単語や文法などの基礎を固め終わったら、リーディング学習と同時並行でライティング学習を始める必要があります。

なぜ、ライティングの学習が話せるための近道なのか?

その答えは、「瞬間英作文の能力=英語を話す能力」だからです。

話せるだけの基礎力がある人でも、この瞬間英作文の能力がない人は、自分の言いたいことを上手に言葉として表現することができないのです。

この瞬間英作文の力を、毎日の習慣で身に着けてしまおうというのが今回の内容となります。

ここからはライティング学習の必要性やメリットをもっと深堀りし、その正しい習慣の作り方を具体的に解説していきたいと思います。


ライティングを学ぶ必要性

冒頭でも紹介しましたが、ライティングを学ばなければいけない1番の理由は

瞬間英作文の能力=英語を話す能力

だからです。

日常英会話にフォーカスすれば、使われている単語や文法は中学レベルで事足ります。

ですがなぜ高校性になっても、社会人になっても英語を話すことができないのか?

その理由は、自分の持っている知識を発信する能力がないからなのです。

正直、ある程度の単語を知っていれば、単語をつなげるだけで意味を伝えることができます。

しかし、相手にとってはその意味を推測しようとしなければいけないためストレスになってしまい不快です。

これは逆の立場になってみるとわかりやすく、日本語をうまく話すことができない外国人の方が、単語を使って何かを伝えようとしてくると、その意味を理解しようと頭を巡らせますよね?

それで理解できれば問題ありませんが、理解できなかった時の申し訳なさは残ってしまうと思います。

その気持ちを相手にさせてしまうということなのです。

そうならないためにも必要になってくるのがライティングの学習になります。

ライティングの学習というと堅く聞こえるかもしれませんが、自分の話したいこと・伝えたいことを文章として英語に訳す練習です。

文章として書きだすことで、自分には何の知識や能力が足りていないのか、どこが苦手なのかが分かることに加え、自分がよく使う表現を正しく覚えることができます。

そうは言っても、高校時代の授業やテストのような勉強しかしてきていない皆様にとってはライティング学習に苦手意識を持っている方がほとんどだと思います。

そこで紹介したいのが「英語日記」という学習方法です。

英語日記は毎日自分で決めた時間に英語でその日の筆記を書くというシンプルな方法ですが、英語を話せるようになるためのライティング学習としてはこれ以上ない、最強の学習方法になります。

ここからはその英語日記のメリットや具体的方法について解説していきたいと思います。


「英語日記」のメリット

なぜ英語日記が最強なのか?

その理由は大きく分けて下記の3つです。

  • 自分がよく使う単語・表現を身に着けることができる
  • 毎日書くことで英語で考える習慣ができる
  • 話す能力に直結する

ここで注目してほしいのが、「自分がよく使う」「習慣ができる」という点です。

テキストを利用した高校のようなライティング学習では、決められた内容を覚得ていくだけですが日記は違います。

自分の感じたことを自分の言葉で書いていくものなので、自分でも気づかない自分の癖が現れるのです。

それを英語に訳す練習ができるため、いざ話そうとしたときに必ず役に立つ知識となります。

自分がよく使う単語・表現を身に着けられる

英語日記はその日起こった出来事や思ったことを自分の言葉で書いていきます。

それを英語に訳すという学習方法なのですが、この学習方法はテキストでの学習とは違い、

自分にあった単語・表現を身に着けることができます。

というのも、自分ではなかなか気づきませんが、自分の話す言葉にはその人なりの癖が必ずあります。

使う単語についても同様です。

その癖を理解する必要はないのですが、日記として自然に学んでいくことで、いざ話そうとしたときに自分がよく使う表現や単語をピンポイントで覚えているため、強い武器になります。

冒頭でも説明しましたが、日常英会話で必要な単語や文法は中学レベルで良いので、その中から自分の良く使う単語や文法をピックアップできるという点で、無駄がなく、楽しく学習ができます。

毎日書くことで英語で考える習慣ができる

英語日記が最強な理由として、

「毎日」「習慣」としてやることができる

ことが挙げられます。

英語学習全般において重要なのは、「毎日」英語に触れることです。

そうすることで英語に触れることに慣れ、勉強という考え方から日常という考え方に変わってきます。

加えて英語日記を書く「習慣」を身に着けることで、勉強することに苦痛を感じなくなります。

今日は疲れたからやりたくない…

何もしたくない…

という日でも、必ずシャワーや歯磨きはしてから寝ますよね?

これは、これらの行為が習慣化されており、やらなければ気持ち悪いというレベルまで生活の一部となっているからです。

グレッグ・マキューンさんの著書「エッセンシャル思考」において習慣は、

習慣は妨害に打ち勝つための武器だ。

習慣がなければ、数知れぬ誘惑に勝つことは難しい。だが本質的な目標に向かう行動を習慣づけてしまえば、無意識のうちに目標を達成できる。いちいち難しい判断をする必要はないし、誘惑から目を背けるためにエネルギーを使う必要もない。

エッセンシャル思考/グレッグ・マキューン

と書かれています。

全くその通りだと思いませんか?

もちろん、その習慣をつくるときには大きなエネルギーが必要になりますが、一度習慣化してしまえば、その後は何の苦も無くそのメリットを受け続けることができるのです。

勉強というよりは日記という感覚で、英語日記をつける習慣をつくりましょう。


具体的な勉強方法

ここまでは英語日記をやる必要性やそのメリットについて説明してきましたが理解できましたでしょうか?

ここからはそのメリットを最大限受けるための具体的な方法について解説していきます。

具体的ステップは3段階で、

  • 日本語で書く
  • 英語に訳す
  • 音読する

という段階を踏んでいきます。

それぞれの段階でポイントがあるので確認してください。

まずは日本語で書く

最初から「英語」で書き始めるのはやめましょう。

最初から英語で書き始めようとすると自分が知っている単語や得意な文法ばかり使う癖がついてしまうので、表現力が伸びません。

自分の言いたいことを自由に表現できるようになるために、まずは言いたいことを「日本語」で書き、それを英語に訳せるようにしていきます。

ここでのポイントは、日本語での日記を書く際に、あまり長くなりすぎないように注意することです。

英語に訳すのが大変ですし、毎日の習慣として取り入れるときに苦痛になりかねません。

日本語で3行ぐらいを目途で問題ないと思いますので、毎日続けられるように工夫していきましょう。

調べながら英語に訳す

日本語で書いた日記を英語に訳していきます。

まずは1度、自力で考えてみましょう。

そうすることで、自分がどの表現が分からないのか、どの単語が分からないのかが明確になり、調べる手間が減り、学習効率が上がります。

最初は翻訳ツールを利用して、ヒントを得るのもありかもしれません。

ここでのポイントは、1度文を完成させたあとに、他の言い回しができないか考えてみることです。

日本語も同様ですが、同じことを言うのでもいろんな言い回しができるはずです。

そうすれば使う単語も変わってくるのでその単語も一緒に覚えられる上に、言い回しを覚えることで、表現の幅が広がります。

なんて言うんだっけ?

となったときに柔軟に対応できるようになるため、時間に余裕がある人はここに時間を使うことで話せるようになるまでのスピードがかなり違ってくると思います。

自然と話せるぐらいまで音読する

文が完成したら例のごとく音読していきましょう。

下記記事でも、音読の効果については紹介していますが、音読にはメリットしかありません。

しかも自分が思ったことを自分の言い回しで書いている文です。

この文をスラスラ口から出せるようになる

ということは

自分の思っていることを口から出せるようになる

つまり

英語が話せる

ということになるのです。

そのため、文の構造や表現方法を噛みしめながら何度も音読してみてください。

それがあなたの話す英語になります。

リーディングは話せるようになるために学ぶ!社会人のための正しい勉強法とおススメの参考書を紹介! 英語を話せるようになる過程で、リーデング学習は必要なのかという疑問を持たれる方は多いと思いますが、その答えは「必要」です。 ...

独学では限界がある

Man in Black Vest and White Dress Shirt Using Macbook Pro

タイトルの通り、独学でのライティング学習は限界があります。

その理由としては、自分で訳した英文が正しい英文か自分で判断できないからです。

正しい英文にできてこそ文字に起こす意味があるのに、正しいのかどうだかわからない、自己満足の英文を作ったところで1ミリも上達したとは言えません。

また、私たちが伝えたいニュアンスとネイティブが受け取るニュアンスの違いというものもあります。

なので、自分の中では完璧と思っても、それはおそらくそれは完璧ではないので、必ず添削してもらうようにしましょう。

それでは、誰にどのように添削してもらうか?

ということですが、身近にネイティブの知り合いがいるわけでも、添削してくれる先生がいるわけでもありません。

ですが!

今の時代は本当に便利です。

インターネットの普及により、私たちには多くの学習手段が開かれています。

今の時代に学習できる幸せを噛みしめながら、その恩恵を最大限受けていきましょう。

無料添削ツール

  • Gramara
  • Grammarly
  • Ginger

上記3つは自分の作った英文をサイト内の枠にコピー&ペーストすれば文法や単語の間違えなどを自動で添削してくれる無料ツールです。

どのサイトも精度はそれなりに高く、個人的な満足度は70%といったところです。

無料であの精度が出せるというのは、私たちのような独学で学ぶ学習者には非常に有用であり、毎日の英語日記をここで添削していくことが可能です。

正直、ライティングの勉強における添削にお金をかける必要はあまりないと思っているので、この無料ツールを最大限に利用していきましょう。

有料添削ツール

HiNaitive Trek(Lang8)

「Lang8」という無料サービスでは、日本語で日記を書くと、その言語を母国語とする人が添削をしてくれ、逆に、日本語を学習する人の日記を添削するというSNSのような機能を持っていました。

会員数は40万人を超える日本発のWEBサービスで、約7割のユーザーが日本語以外の言語を母国語としています。

無料でネイティブの添削が受けられるという画期的なサービスだったのですが、2017年2月以降、新規ユーザー登録ができなくなってしまいました…

ではなぜ紹介したのかと思われる方いらっしゃるかと思いますが、これには2つの理由があります。

  • 多くのサイトで「Lang-8」を紹介しているため、2020年10月現在でも新規ユーザー登録はできないということを知ってほしかった
  • 有料ではあるが、かなりレベルアップしたサービスとして新たに誕生した

「英文」「添削ツール」などで検索すると、「Lang-8」を紹介しているサイトやブログを多く見かけるのですが、現在は使用できないということを報告させてください。

そして、この「Lang8」を制作した株式会社Lang-8から、レベルアップしたサービスとして、「HiNative Trek」というサービスが提供されています。

ソース画像を表示
ハイネイティブトレック – Bing images
【 HiNative Trek 】

「日本人に足りない英語のアウトプットを学ぶことが出来る」と謳っており、マーク・ザッカーバーグや米副大統領などの同時通訳を担当した関谷英里子さんという方が教材を監修した、オンライン英会話とは違う英語学習サービスとなっています。

どのような内容かといいますと、

  1. メールとpush通知で、毎朝課題の到着のお知らせが来る
  2. 課題に回答。英作文と音声を投稿
  3. 投稿後、文章と音声でそれぞれ模範解答が届く
  4. その後、先生から個別フィードバックが届く
  5. 回答に対してわからないことがあったら、先生に聞いて学びを確実なものにする

というもので、つらつらと流れを書きましたが、つまり、英語日記のように毎日の課題に対して英文を作成し、それを添削してもらえるという、

英語学習を自動的に習慣化してくれるサービスです。

「英語日記」毎日続けらるか自信がない…

という方にはもってこいのサービスなのですが、内容が「ビジネスパーソン」に向けたものが多かったり、価格が月額プランだと月19600円と少し手を伸ばしにくい価格設定となっています。

なので、全員におススメできる教材ではないのですが、それでもやはりメリットは大きいと感じています。

まず、教材を監修している関谷英里子さん自身に実績があり、信用できる内容であるということに加え、先生はビジネス経験のアメリカ人で、フィードバックの質が高いということは口コミを見れば一目瞭然です。

価格も高いと感じる方がほとんどだと思いますが、

通常の英会話スクールにかかる金額が月20000円

と考えると高すぎるという価格帯ではない上に、年額プランを選べば、月16333円と月額プランと比較すると、およそ17%オフ。

ひと月あたりおよそ3,260円お得、1年だとおよそ39,200円(2ヶ月分) ものお得になります。

そのほかにもメリットは多くあり

  • 面倒な予約なしで好きなときに課題を提出できる。
  • 週末にまとめて提出OK。課題を提出出来ない日があっても、後日まとめて提出することができる。
  • 仕事のお昼休みに課題提出スマホ以外にも、PCブラウザからも課題提出ができる。
  • 同期で先生と会話リアルタイムの会話が恥ずかしい人でも大丈夫。
  • レッスン1回分損、ということが無いので金銭的にもお得。
  • スマホアプリで課題提出も復習も完結できる。

上記した無料アプリでは添削することができない、ネイティブのニュアンス部分まで添削してくれることや、音声も提出するため、発音の強制にもつながります。

毎日の英語日記が億劫だ…

という方は思い切って「自分への投資」だと思って「HiNative Trek」を利用し

「お金を払ったんだからやらなきゃ!」

と自分に強制力を働かせてみても良いかもしれません。

 HiNative Trek の登録はこちらから!

オンライン英会話

もう一つの有料添削方法はオンライン英会話です。

オンライン英会話には教材を使用するレッスンと、フリートークのレッスンがあります。

文法の教材を用紙してくれているオンライン英会話もありますし、この段階で使うのであれば、日本人講師にフリートークのレッスンで自分の書いた英語日記を添削してもらう形式で利用することをお勧めします。

日本人講師であれば、日本人が間違えやすいポイントを押さえていますし、英語が話せない・聞けないという時でも、最悪日本語で対応してくれるので安心です。

ですが、オンライン英会話のなかでも日本人講師を抱えているところは限られますし、日本人講師のレッスンには追加の課金が必要になるケースも多いです。

それだけ貴重な存在という事ですね。

なので、まだライティングの段階では無料ツール、もしくはHiNaitive Trekを利用することをお勧めします。

それでもオンライン英会話を早いうちから始めたいという方は、こちらの記事を参考に、自分にあったオンライン英会話サービスを探してみてください。

【2020年最新版】初心者におススメなオンライン英会話を5社厳選!もう迷わない! 今回は、どのオンライン英会話を選べばいいの?という疑問に終止符を打ちたいと思います。 最近ますます増えてきているオンライン英会話...

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ライティングがどれだけスピーキングに影響してくるか、理解できましたでしょうか?

ライティング、スピーキングはアウトプットにあたる部分であり、苦戦する方も出てくるかと思いますが、ここは「習慣化」で乗り切るしかありません。

毎日毎日アウトプットする癖をつければ、インプットがアウトプットの手段となり、さらに効率の良い学習に繋がります。

英語のアウトプットを「習慣化」し、学びを最大化していきましょう。

それではまとめです

  • 言いたいことを言えるようになるためにもライティングは絶対必要
  • ライティング学習には毎日の「英語日記」が最強
  • 書くだけではなく、「添削」してもらわなければ意味がない
  • 無料ツールでも十分だが、有料ツールで強制的に「習慣化」するのもあり

ここが終われば後は最後の仕上げ。

ここまでの学びの集大成となる、リスニングとスピーキングを残すのみです。

楽しみですね!

ここまでの学習をしっかりやっていればいるほど、ものすごいスピードで「聞く」「話す」を身に着けることができます。

焦らずじっくり一緒に頑張っていきましょう!