海外旅行

【旅行初心者必見】苦い失敗経験から語るヨーロッパ旅行に絶対に必要な物はVISAのクレカ

日本人なら誰もが憧れる海外の国と言えば、

一度は行ってみたいと思うヨーロッパではありませんか?

道行く誰もがオシャレなフランス。

町中を水路が通る美しい街ヴェネツィア。

レトロな街並みのイタリアで食べる本場のパスタとピザ。

どこの国に行っても、異国情緒溢れる文化に触れあう事が出来て

街を歩くだけでドキドキワクワク。

そんなヨーロッパ周回旅行に、僕も行ってきました!

当時イギリスにいた友人と二人での旅行だったのですが

海外旅行の経験が乏しく、英語もろくに話せない僕は

「ヨーロッパ旅行に欠かせないクレジットカード」を持っておらず

結果的にその友人におんぶにだっこ状態。。

後悔しまくりの僕から、これだけははっきり言えます。

「ヨーロッパ旅行は出来るだけカードを使うべし!」

皆さんも、もし今後ヨーロッパに行く予定があるなら

これを読んで、僕と同じ過ちを避けてもらえたら僕のあの日の失敗も報われます。。


「使えるカード、全く使えないカード」

僕はその当時大学4回生、

お金に余裕なんてあるはずもなく、格安航空券でイギリスへ。

現金をあまり多く持ち歩くのは怖かったので、なるべくカードを使おうと考えていました。

知らない土地の旅行先で現金をたくさん持ち歩くのってなんだか抵抗ありますよね。

ロングフライトを終えて友人と空港で合流

電車で移動し、さぁロンドンに到着―!

目の前にはいきなり、キングスクロス駅!

中に入ってみると、、

「ハリーポッターの駅じゃん!」

テンションは絶頂でしたが、

ホテルに向かう前に歯ブラシと軽い夜食を買おうという事で小さなコンビニに。

僕はカードで払おうとアメックスのカードを出したのですが、

店員さんはニヤリとしながらNo… との事。

そういえば、と対応するカード会社を見てみると

VISA、マスターカードのみ。

僕がその旅行に持って来ていたクレジットカードは

JCBと旅行用に作ったアメックスの2枚。

実は、ヨーロッパではVISAとマスターカードが主流。

アメックスは多少使える店舗はありましたが、JCBに至っては皆無。。

僕はそのヨーロッパ旅行中のショッピングでは、

この2枚はほとんど使う機会はありませんでした。。。

海外旅行に行くなら、やっぱりVISA、マスターカードがオススメです

使える店舗数が桁違いなんです。

「海外旅行ならVISAがいい」と知っていたのに、

アメックスを作った自分をその時は恨みました。

クレジットカード
海外旅行で使うクレジットカードのブランドはVISA!必要性と圧倒的おススメについても解説! 今回は、海外旅行におけるクレジットカードの必要性と、それを踏まえたおすすめのクレジットカードを紹介したいと思います。 海外旅行が...

「キャッシュでの支払いは時代遅れ。」

3日目、イギリスからオランダに電車で移動。

そろそろ環境にも慣れてきた私はある事に気が付きました。

カフェなどの飲食店で現金を使う人がほとんどいないんです!

ロンドンのマクドナルドでも、アムステルダムのスタバでもそうでした。

みんなカードやスマホをリーダーにかざして「ピッ」

すぐ会計が終わって、とてもスムーズ。

そして、対応しているお店が多い!

「現金は落としたり、取られたり何かとリスキーだから、こっちの買い物は、ほとんどカードを使うよー」

って言ってる友人もタッチ式のVISA。

タバコを買いに立ち寄ったお店には

なんとBIT COINの無人販売機まで!

日本だと、

「この小さな個人店は、さすがにカード使えないでしょ。」

なんて思うような小さなお店でも、

ヨーロッパだと大体使えます!

なんせ電車の切符も、カードで買えちゃいます

フランスで乗ったウーバーの運転手のファンキーなおじさん曰く、

「もう最近はキャッシュレス化がドンドン進んでて、スマホとカードがあれば街で一日中遊べるぜ~!」

との事。

実際、個人店では少なかったですが

駅構内のカフェや、大きめなショッピングモールだと

ほとんどのお店がApple Pay(スマホ決済)に対応していました!

ただ、僕のようにApple Payに登録しているカードがJCBやアメックスで

お店が元々対応していないカードだと、スマホ決済は使えませんでした。

逆に、タッチ式のVISAとApple Payを装備した僕の友人は

「日本ってキャッシュレス化が中途半端で不便だよね」との事。

実際かれも、キャッシュはほとんど持ち歩いていませんでした。

さすがはヨーロッパ、最先端です。


「チップはいくら?」

そしてなにより大変だったのが、チップの文化。

最初は、お釣りが返ってこない事に露骨に驚いてしまいました。

ただ、友人が

「お釣り分をチップとして払った事になるんだよー」

と教えてくれて納得。

毎回チップを気にして会計するのですが、

僕は支払いが毎回キャッシュなので、とても面倒でした。

友人はというと、タッチで「ピッ」。

ほんの一瞬です。

向こうでは、クレジットの会計にチップの料金を足してくれるので、カードで会計を済ませるなら、気にする必要もありません。

ここでもキャッシュレスの洗礼。

もはや、ヨーロッパでキャッシュを持ち歩くのは時代遅れだったんです。


まとめ

どうでしょうか

次の旅行の参考になりそうですか?

僕はこの旅行で、

使えないクレジットカードを持って行ってしまい、せっかくの便利なキャッシュレス機能も使えず、チップ文化の洗礼も受けて、いくつも後悔の残る旅行でした…

それでも友人のおかげで充実した楽しい旅行が出来ました。

ただ、僕のように

向こうに暮らす友達と一緒に旅行が出来るのはなかなか稀だと思います

頼れる人は自分のみ!

そんな旅人のあなたのために、

もし僕がもう一度ヨーロッパ旅行に行くなら

「タッチ対応のVISAカードの携帯とApple Payの登録」

は確実にします!

むしろそれだけで行けちゃいます。

カードにキャッシング機能が付いていれば、

現地の換金所よりも高いレートで換金してくれるので

どうしてもキャッシュが必要な場面でも大丈夫です!

旅先でお金の事ばかり気にしていたら、せっかくの楽しい旅行も神経をすり減らすばかりで何もリフレッシュ出来ませんよね?

ヨーロッパの国々は、それぞれの国の雰囲気が洗練されていて、国ごとに違ったカラーがあってとても楽しい旅行が出来ます。

そんな楽しい旅行を心置きなく遊びつくすためにも持って行くカードには十分注意を払ってくださいね!

クレジットカード
海外旅行で使うクレジットカードのブランドはVISA!必要性と圧倒的おススメについても解説! 今回は、海外旅行におけるクレジットカードの必要性と、それを踏まえたおすすめのクレジットカードを紹介したいと思います。 海外旅行が...